福祉会20周年。みなさんと共に

聴覚障害者への工夫

フラッシュランプ
居室内にフラッシュランプがあり、お部屋の中にいても音と光で来訪者が分かります。
また、火災時にはユニット各居室、共有スペースにあるフラッシュランプが点滅します。
ナースコール
居室内でナースコールを使用すると、職員が持っているPHSに連絡が入ります。
聴覚障害職員でもPHSのバイブレーター機能と、居室前の壁にランプでナースコールの対応ができます。

モニターの設置
エレベーターの緊急停止時でも、事務所と連絡が取れるように、エレベーター内と事務所にカメラとモニターを設置しています。
テレビ電話
聴覚障害職員も各部署と連絡が取れるよう、各部署にテレビ電話、タブレットが設置してあります。
PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人埼玉聴覚障害者福祉会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.