福祉会20周年。みなさんと共に

ふれあいの里・どんぐり

  • HOME »
  • ふれあいの里・どんぐり

障害者支援施設「ふれあいの里・どんぐり」

【設立趣旨】

1972年(昭和47年)、初めて埼玉県にもろう学校に重複学級が認可され、教育の大正からも外されていた”ろう重複障害”とよばれる、聴覚障害に加えて、知的障害などの重複する障害をもつ子どもたちもろう教育を受けられるようになりました。
しかし、1980年台に入り、創業期を迎えたろう重複障害児の進路、社会参加は大変厳しいものがありました。
一般企業への就職はもとより、地域の作業所や手話等で通じ合える仲間がいないため孤立してしまうこともありました。
そこで、「卒業後、在宅だけはさせたくない」、「聞こえないという障害に配慮のある作業所がほしい」と、大宮・坂戸ろう学校の重複学級の親と教師等で、1985(昭和60)年にろう重複障害者の作業所をつくる会『どんぐりの会』が結成されました。聴覚障害者や相談員、手話関係者など多くの協力者の支えで、1986(昭和61)年に関東ではじめてろう重複障害者の共同作業所『どんぐりの家』が生まれました。

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人埼玉聴覚障害者福祉会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.