福祉会20周年。みなさんと共に

オハナハウス

社会福祉法人埼玉聴覚障害者福祉会(以下、法人)が運営するグループホーム『オハナハウス』は、平成25年3月28日に埼玉県さいたま市見沼区にケアホーム事業(当時)として開所し、今年で2年目を迎えています。

グループホームの定員は6名。20代から50代までの男性3名、女性3名の利用者(以下、仲間)が生活しています。仲間の障害支援区分は、区分6が1名、区分5が2名、区分4が3名となっています。仲間6名の内、5名はホームと同じさいたま市にある当法人が運営する『春里どんぐりの家(以下、春里)』を通所利用し、1名は、別法人が運営する就労支援B型事業所に通っています。

当法人では、障害者支援施設『ふれあいの里・どんぐり』がある毛呂山町にグループホーム『第1どんぐりホーム』も運営しており、法人としては2ヶ所目のグループホームとなります。

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人埼玉聴覚障害者福祉会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.