福祉会20周年。みなさんと共に

沿革

法人設立と事業展開

1985年6月 大宮・坂戸ろう学校重複学級の親を中心に「どんぐりの会」結成
1986年10月 旧大宮市三条町に共同作業所「どんぐりの家」開所
1989年4月 「どんぐりの家」、旧大宮市中釘に引越し
1991年10月 「ふれあいの里・どんぐりをつくる会」結成
1993年9月 「毛呂山どんぐりの家」および「ふれあいの里・どんぐり開所準備室」開所
1994年9月 社会福祉法人埼玉聴覚障害者福祉会および同後援会を結成
1996年1月 「ふれあいの里・どんぐり」開所(定員50名/入所10名)
2000年9月 ホームヘルパー養成事業3級実施
2001年1月 大宮ろう学校重複児の親を中心に、「第2どんぐりをつくる会」を結成
2001年2月 ホームヘルパー養成事業3級修了者を中心に「くるみの会」結成
2001年6月 ホームヘルパー養成事業2級実施(2004年度まで、毎年実施)
聴覚障害者老人ホーム建設運動開始
2002年4月 ミニディサービス(法人独自事業)開始
2003年5月 生活サポート受託事業開始(2005年度まで)
2004年2月 居宅介護支援事業(ケアマネジメント)開始
訪問介護事業(支援費によるヘルパー派遣)開始(2005年度まで)
居宅介護事業(介護保険によるヘルパー派遣)開始(2005年度まで)
2004年4月 聴覚障害者情報提供施設「埼玉聴覚障害者情報センター」開所
2004年5月 さいたま市心身障害者地域デイケア施設「春里どんぐりの家」開所(定員12名)
2006年4月 特別養護老人ホーム「ななふく苑」開所(定員68名)短期入所(定員5名)
2007年8月 春里どんぐりの家、地域活動支援センターに移行(定員14名に変更)
2011年4月 特別養護老人ホーム「ななふく苑」デイサービス事業所開所(定員15名)
2013年3月 ケアホーム「オハナハウス」開所(定員6名)(現在:グループホーム)
2014年7月 「法人事業展開三本柱 ①地域支援 ②聴覚障害児支援 ③就労支援」実現に向けて、県北事業準備委員会、県西事業準備委員会、聴覚障害児デイサービス事業準備委員会、聴覚障害者就労支援準備委員会発足
2014年9月 法人・後援会設立20年(9月)
2014年10月 春里どんぐりの家 多機能型事業所に移行
2014年12月 社会福祉法人埼玉聴覚障害者福祉会・後援会設立20周年記念大会開催(ラフレさいたま)

 

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人埼玉聴覚障害者福祉会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.